札幌の子ども・小学生向けプログラミングスクール「WeducationAcademy」は、Scratchで学ぶ独自教材を使用。

月6,600円(税込)~ 学べる札幌市白石区にあるプログラミング教室です。学習教室を併設しています。

学びの本質である好奇心を大切に、超少人数制でお子様一人一人の特長に合わせた学びの場を提供します。

不登校のお子様で自宅での学習を希望される方も、気軽にご相談下さい。当教室で使用する学習システムで出席の取り扱いができる場合がございます。(現在2名が取り組み中です)

【入会・授業体験等のお問い合わせ】
所在地:札幌市白石区本通11丁目南7-9ハヤシビル3階
LINE:https://lin.ee/lAhCSfF
電 話:011-867-0754 10:00~20:00(レッスン等ですぐに出られない場合が多いです)

CAD・3Dプリンタ研究中

取り組み

 札幌のキッズプログラミング教室でおなじみの「ウェデュケーションアカデミー」札幌白石教室です。(学習教室も併設)
 教室紹介にも書かせていただいておりますが、Weducation(ウェデュケーション)は、Welfare(福祉)+Education(教育)の造語になっています。今回はその一端である、教材開発に触れたいと思います。

 当教室の教材は独自開発を行っています。内容自体の企画、編集は当教室代表者が行っていますが、プログラム教材に登場するキャラクターの一部や、新しい展開の基礎的な実験・研究の一部は、障がいを持った方のお仕事としてお願いしています。その一例として以下の写真をご覧下さい。

 上の写真は、3DCAD(スリーディーキャド)と呼ばれるソフトウェアで、立体的な造形物をPC上で作図するためのものです。写真はチェスのコマを描いたところです。製造系のエンジニアをしていた方にご協力いただいています。

 3DCADで描いた図形を、3Dプリンタと呼ばれる装置で出力します。

 温度や湿度などにより出力の際にゆがみが出るので、そこを調整中です。

 3Dプリンタ内部。黄色い突起物に見えるのが出力されたチェスのコマです。出来立てのプリンタ内は熱がこもっています。今は試作段階で、活用の方法を検討中です。

 障がいを持っている方でも、スキルや経験を活かすチャンスや舞台があれば、支障なく仕事ができます。子どもたちの教育を支えることが、仕事のやりがいとなり、新しいことへ挑戦する意欲につながります。

 教室としてもこの取り組みが、素晴らしい教材に深化させられるよう取り組んでいます。